生理前のイライラや肌荒れが起こるのはなぜ?

pet01_l生理の前にイライラしたり、肌荒れが起きる女性は多いと思います。
生理前の時期は、肌が普段よりも弱く敏感になっているので、肌荒れがしやすくなります。
ニキビなどが出やすくなるのは、生理前に分泌される黄体ホルモンによって、皮脂の分泌が増えるためニキビなどの肌荒れができたり、しわもできやすくなります。
生理前は特に肌が敏感になる時期なので、この時にはなるべく刺激を与えないようにするほうがよいでしょう。

また人によっては、生理の前にイライラしたり、気持ちが落ち込んだりする場合があります。
これはPMS(月経前症候群)といって、月経前10日前後から月経の直前にかけておこる症状で、女性の中には思い当たる人も少なくないのでしょうか。
排卵から生理までの間、精神的に不安定な症状や体の不調が現れるPMSは、20代~30代で悩みを訴える人が多く、症状には個人差があり、軽いものから思いものまでさまざまです。


共通することは、生理が始まると症状が軽くなるか解消することです。
生理前になると、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンのバランスが崩れ、特に黄体ホルモンの分泌が高くなると、イライラするのが特徴です。
女性ホルモンのバランスを崩す原因には、ストレス、冷え、睡眠不足が関係しています。
基本的に自律神経がホルモンバランスを乱しているので、いかに自律神経を整えられるかがポイントとなります。

このPMSの症状は、生活習慣を見直したり、薬を服用するなどのケアで、緩和する事ができますが、症状がひどい場合には病院を受診し、適切な治療を行ってもらう方がよいでしょう。