心の不調に効く、マグネシウムを食べ物で摂るには

pet03_lなんだか体も心もだるい、気持ちが浮上せず落ち込むなどの症状がある方は、ミネラルが足りていない可能性が高いです。

ミネラルは、人間が生きていく上で非常に大切な栄養素の一つで、主に骨を形成したり、体の調子を整えるなどの働きをしています。
人間の体の中では生成できないため、食べ物やサプリメントなどで摂取する必要があります。

特に、マグネシウムはエネルギー代謝を行うための補助酵素として働き、主に骨や歯などの構成成分として存在しているため、骨の健康のために大きな役割を担っています。

そして、女性特有のPMS症状や心の不調などにもマグネシウムは有効なミネラル成分なのです。


 

マグネシウムを含む食べ物は、アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類、干しひじきやあおさなどに多く含まれていて、豆類にも多いことから納豆や豆腐、味噌などの大豆製品にも含まれています。

食べ物だけで摂取するのは難しいと思われがちですが、もともと食べ物の中に含まれるマグネシウムの量が多いため、たくさん食べなくても必要量を摂取することはできます。

特に、干しひじきとあおさにはマグネシウムの含有量が非常に多いため、少量でも効率良く摂取できるのでおすすめです。

あおさは味噌汁、干しひじきはひじき煮などにすると食べやすいので、毎日の食事に取り入れていてはいかがでしょうか。

Comments are closed.