生理時期の悩みに効果的!低用量ピル

pet04_l生理前になると、浮腫み易くなったり、お肌が荒れ易くなってしまう女性は、珍しくないです。このような症状を、生理前症候群と呼びます。生理前症候群は、他にも過食や情緒不安など、生理周期によって起こる様々な不快な症状も含まれます。婦人科などでは、これら生理前症候群の治療に、低用量ピルを処方する場合が多いです。低用量ピルと言うと、避妊効果ある事は、広く知られていますが、女性ホルモンの分泌を安定させる効果があります。


生理前症候群は、生理により分泌される女性ホルモンに、過剰に反応してしまって起こる物なので、低用量ピルの効果を期待する事ができるのです。低用量ピルは、毎日決まった時間に服用する事により、よりその効果を発揮させる事ができます。飲み忘れてしまった時の対処方法などについては、処方された医療機関に相談すると、服用を続ける事ができます。服用開始直後には、吐き気などの副作用が現れる場合がありますが、一ヶ月程度で治まります。副作用が強すぎる場合や、長く副作用が現れる場合には、医療機関に相談して、別の低用量ピルに変えると安心です。服用する事により、女性ホルモンの分泌を安定させる事ができるので、美肌効果も期待できます。

Comments are closed.