低用量ピルで気をつけたい正しい飲み方

低用量ピルは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの2種類を配合した内服用の薬で、正しく使用すればほぼ完全な避妊が可能です。また子宮内膜症や月経痛に対する改善効果があります。28日分が1サイクルとしてがセットになっており、飲み方は基本的に生理の初日から飲み始め連続して21日服用し続けます。残りの7日は休むか飲み忘れ防止用の疑似カプセルで代用します。


シートに順番通りに並んでいますが1日でも飲み忘れると効果がなくなるので注意が必要です。低用量ピルには2種類あり、一定のホルモン量が含まれるものを一相性ピル、月経のリズムにあわせて量を調整してあるものを段階型ピルといいます。段階型の場合飲む順番を間違えると避妊効果に影響が出たり不正出血を引き起こしたりするので、正しい順番で毎日飲む事が大切です。妊娠したい時にはやめればいいだけの手軽さもメリットです。女性ホルモンが主成分である低用量ピルは血液をかたまらせる作用があるため、高血圧など血栓ができやすいリスクのある人は服用できません。安全性は高いものの病歴や生活習慣により副作用が起きる可能性があるため、事前に医師による問診を受けることは必須です。

Comments are closed.