低用量ピルを使用するメリット・デメリットについて

月経不順などの生理に関する症状の治療のために、さらには避妊のために低用量ピルを使用しているという人は意外に多いのではないでしょうか。この低用量ピル、毎日決められたタイミングで飲み続えていくことでホルモンのバランスを調節して、生理のタイミング、その仕組みを整えていくことができます。さらに、それによって排卵が行われないようにすることもできるので、より高い確率での避妊が可能になってくるのです。もちろん、この避妊確率も100%というわけではないのですが、より手軽な方法で避妊ができたり、さらには安全に生理周期を正常な状態に戻していくことができたりと、得られるメリットは非常に大きいのです。


ただ、この低用量ピルにはデメリットも存在しています。それはその副作用についてです。低用量ピルはホルモンのバランスを操作することになるので、どうしても人によっては飲み始めの段階で頭痛や吐き気、めまいなどの副作用の症状を引き起こしてしまうのです。ただこれらの症状もいつまでも続くというわけではなく、ある程度の日数がたてば自然と収まっていきます。
もちろん、中にはピルが体に合わずに拒否反応を示しているというケースもあるのですが、大半はより安全な形で、体に負担を少なく、症状の改善、避妊につなげていくことができるのです。

Comments are closed.